世界スパコンランキング、海洋研究開発機構の「暁光」が4位に

2017年11月15日 20:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 世界のスーパーコンピュータ性能ランキング「TOP500」2017年11月版が発表された。1位は前回(2017年6月版)と同じく中国の「神威太湖之光(Sunway TaihuLight)」、2位は中国の「天河2号(Tianhe-2、MilkyWay-2)」、3位はスイスの「Piz Daint」と変わらなかったが、新たに日本の独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の「暁光(Gyoukou)」が4位にランクインしている(PC Watch)。また、暁光はエネルギー効率の高いスーパーコンピュータランキングであるGREEN500でも5位にランクインしている。

 また、5位、6位はそれぞれ前回4位・5位だった米国のTitanおよびSequoiaがランクイン。7位には新たに米国のTrinityが入り、8位は米国のCori(前回6位)、9位は日本のOakforest-PACS(前回7位)、10位は同じく日本の京(K、前回8位)。

 新たにランクインした暁光は、1位の中国・神威太湖之光(1064万9600コア)を超えるコア数(1986万コア)を搭載しているのが興味深い。詳細スペックページによると製造者はExaScalerで、メインのプロセッサはXeon D-1571 16C 1.3GHz、OSはCentOSとなっているのだが、ExaScalerの発表によると、開発は同社とPEZY Computingが共同で行ったとのこと。また、実際の基幹プロセッサとしてはPEZY Computingが開発した「PEZY-SC2」を採用しているという。

 PEZY Computingの発表によると、暁光では1プロセッサあたり1984コアを搭載するPEZY-SC2プロセッサを1万個搭載。また、ホストCPUとしては16コアのXeon Dを1250個(PEZY-SC2 8個に対し1個)使用しており、合計のコア数が1986万コアになるという。また、メモリは各Xeon Dに対しそれぞれ32GB、各PEZY-SC2に64GBで合計680TBだそうだ。消費電力は1350kW。

 液浸冷却を採用しており、すべての電子回路が低温のフッ素系不活性液体(循環液)中で動作する。これによって高性能ながら低消費電力で、コンパクト、静音、設置施設の冷却不要といった特徴を実現しているとのこと(ExaScalerのカタログPDF)。

 スラドのコメントを読む | スパコン

 関連ストーリー:
ベンチャー企業開発のスパコンが日本一の性能を達成 2017年10月29日
NEC、新型ベクトル型コンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」を発表 2017年10月27日
スパコン世界ランキング「TOP500」2017年6月11月版発表、トップは前回同様中国の神威太湖之光 2017年06月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスーパーコンピュータ海洋研究開発機構

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース