Spectee、人間に近い音声で読み上げるAIアナウンサー「荒木ゆい」開発

2017年11月11日 12:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Specteeが11月7日、AIアナウンサー「荒木 ゆい」のβ版をリリースした(ニュースリリース)。

 入力したテキストを読み上げるシステムで、実際にアナウンサーが読んだニュース音声を元に機械学習を行うことで人間に近い自然な発音を実現したという。また、同型異音語となる漢字についても文脈から判断し適切に読み上げるという。

 そのほか、質問に対し応答する機能もあるとのこと。現在は簡単な会話しかできないが、今後インタビューなどを行えるよう開発を進めるという。

 なお、「荒木 ゆい」については「栃木県出身、東京の私立大学を卒業後に東京キー局のアナウンサーとして就職、その後フリーとして独立。ニュースからバラエティ番組、ドキュメンタリーのナレーション、イベントの司会など様々なアナウンス業をこなす。」という設定も付いている。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
エフエム和歌山、Amazonのクラウドサービスをベースに独自の「AIアナウンサー」を開発・導入 2017年10月13日
ソニーがテキスト原稿をモーション付きで読み上げられる「バーチャルアナウンサー」を開発 2017年08月05日
フジテレビの「デジタルアナウンサー」、フジを「退社」してボーカロイドに→容姿も一新 2013年05月01日
フジテレビ、江川達也デザインのCGキャラを女子アナに採用 2012年10月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)

「ロボット・人工知能(AI)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース