中国、バトルロイヤル系ゲームを規制へ

2017年11月2日 18:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

insiderman 曰く、 「定められたゲームフィールド内で最後の1人になるまで戦う」というスタイルの対人ゲームが昨今人気だ。こういったジャンルは「バトルロイヤル(バトルロワイヤル)」などと呼ばれ、その1つである「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)」が人気だが、中国がこういったスタイルのゲームを規制する方針だという(AUTOMATON)。

 規制は他プレイヤーを倒すという暴力的な内容に加えて、「生き残ることがすべて」というスタイルが中国の伝統や文化、論理感に反するためだとされている。ちなみに中国版のPUGBはこういった問題に配慮して血の色が緑色になっているそうだ。

 中国ではPUBGのヒットを受けて早速同様のジャンルのゲームが登場しているそうだが、規制によって今後どうなるか注目したいところである。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | ゲーム | 中国

 関連ストーリー:
「ゲームジャンル」は特許で保護されない 2017年10月25日
中国のスマホゲーム開発・運営技術は日本よりも先進的という話 2017年09月12日
世界トップのゲーム企業である中国・騰訊(Tencent)、ゲーム配信プラットフォームを開始へ 2017年04月20日
中国OURPALMが運営するKOFスマホゲームでガチャ確率表記や会社表記での問題が指摘される 2017年03月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国