任天堂、ミニスーファミの販売台数が200万台に

2017年11月2日 06:48

小

中

大

印刷

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(画像: 任天堂の発表資料より)

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(画像: 任天堂の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 任天堂は10月31日、同社が10月5日に発売した「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の世界累計販売台数が200万台を突破したと発表した。

【機能は】「ミニスーファミ」に「リプレイ」や「いつでもセーブ」機能

 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は1990年11月21日に国内で販売開始された家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」のリメイク機。外観は当時のままに、手の平サイズに小型化され、スーパーマリオワールドやスーパーマリオカートなど往年の人気ゲームソフト21種を内蔵している。販売価格は7,980円(税抜)。

■販売は今後も継続すると発表

 同日開催され18年3月期の第2四半期決算説明会では、同社が発売する最新の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の購買に繋げるため、今後も「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を継続して販売すると発表された。

 また、現在生産が停止されている「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」についても、2018年に改めて生産が再開する旨が発表された。

■「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」内蔵ソフト

 ・スーパーマリオワールド
 ・スーパーマリオカート
 ・スーパーストリートファイター2
 ・F-ZERO
 ・スターフォックス
 ・スーパードンキーコング
 ・がんばれゴエモン~ゆき姫救出絵巻~
 ・聖剣伝説2
 ・スーパーマリオ ヨッシーアイランド
 ・超魔界村
 ・ロックマンX
 ・パネルでポン
 ・ゼルダの伝説 神々のトライフォース
 ・ファイアーエムブレム 紋章の謎
 ・スーパーマリオRPG
 ・スーパーフォーメーションサッカー
 ・スーパーメトロイド
 ・星のカービィ スーパーデラックス
 ・魂斗羅スピリッツ
 ・ファイナルファンタジー6
 ・スターフォックス2(記事:柿沼健・記事一覧を見る

関連キーワード任天堂Nintendo Switch星のカービィロックマンファイナルファンタジーニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータマリオカート

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース