豪発のマットレス「コアラマットレス」が日本上陸

2017年10月26日 16:39

小

中

大

印刷

■コアラマットレス日本上陸

 ウェブサイト上だけでマットレスを販売するオーストラリアのマットレス屋さん、コアラマットレス。昨年2月のニュージーランド及び香港進出に続いて、10月、日本での販売を開始した。

 同社は、日本語のウェブサイトとSNSを立ち上げ、販売と注文受付を開始。代表のオーバリントン氏は、日本のお客さん達からの反応はポジティブだ。(日本での活動は)まだ始まったばかりだが、これからが楽しみ、と語った。

■コアラマットレスって何?

 コアラ・マットレスには、ベッドスプリングやフォームが一切使われていない。オーストラリアで独自に開発した新素材を、二層構造にした心地よいサポートを実現させた。コアラマットレスを使えば、1日18時間から22時間寝るコアラのようにぐっすり寝ることができるとしている。

 マットレスは、最新の圧縮技術で作られており、圧縮した状態で箱に入って届く。おまけで、同社のマスコット、コアラのぬいぐるみもついてくる。

■デジタル時代の家具

 オンライン購入限定のビジネスモデルを貫くことで、高品質な製品やデザインも、手の届く価格帯(ダブルで8万9,980円)で提供。ショールームや中間業者などを省き、素材調達から製造、 そして配達までを一括自社管理など最大限の効率化を追求。日本国内では、速達配達も実現させた。

 又、 満足のいくショッピング体験を提供するためにデジタル面でのケアにも重点を置く。今なら、120日もある無料お試し体験ができる。お試し期間に満足いかない場合はマットレスを引き取りに来てくれる。そんな顧客の声は、今後の商品開発に反映させるそうだ。

■慈善事業も

 コアラマットレスは、マットレス供給のほかにも、コアラ里親プログラムや環境汚染から地球を守るチャリティーにも力を入れる。マットレス一枚売るたびに売り上げの一部をこれらの基金に寄付している。

関連キーワードオーストラリア

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース