ビルボードの音楽チャート、ストリーミング再生で有料版の重み付け大きく

2017年10月23日 11:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Billboardは19日、同社の音楽チャートでストリーミング再生の種類による重み付けを2018年から変更すると発表した(Billboardの記事The Vergeの記事9to5Macの記事Mac Rumorsの記事)。

現在、Billboard Hot 100などのシングルチャートではAmazon MusicやApple Music、Spotify、YouTubeといったオンデマンドのストリーミング再生とPandoraやSlacker Radioといったプログラムされた番組のストリーミング再生が反映されており、オンデマンドにより大きな重み付けがされている。一方、Billboard 200などのアルバムチャートではオンデマンド再生のみが反映され、ミュージックビデオのストリーミング再生は数に入っていない。

2018年からはオンデマンドのストリーミングサービスによる再生が有料サービスと広告付きの無料サービスに区分され、有料サービスによる再生により大きな重み付けがされるようになる。番組タイプのストリーミングサービスでは有料/無料による区分はされないようだ。YouTubeで公開される公式ミュージックビデオをアルバムチャートに反映させるかどうかの検討も行われたそうだが、今回は見送られている。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | 統計 | インターネット | IT | 数学 | 音楽

 関連ストーリー:
Microsoft、Groove Music Passのサービス終了とSpotifyとの提携を発表 2017年10月07日
Apple Musicの有料ユーザー数が3,000万人を超える 2017年10月04日
Spotifyの有料ユーザー数、5か月で1,000万人増加 2017年08月05日
英国、1週間のアナログレコード売上がデジタルミュージックのダウンロードを上回る 2016年12月10日
全米レコード協会、ストリーミング再生1500回を「アルバム1枚分の売り上げ」にカウントへ 2016年02月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleAmazonMacSpotifyApple MusicYouTubeBillboard

広告

広告

写真で見るニュース

  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース