地球温暖化で土壌から排出される二酸化炭素の量も増加

2017年10月13日 15:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 1991年から26年間かけて行われた観測調査で、温暖化によって土壌から放出される二酸化炭素量も増加することが分かったという(telegram.comtheguardianScienceSlashdot)。

 研究者らは米国の混合広葉樹林であるマサチューセッツのハーバード・フォレストの土壌を18のブロックに分けて観測実験を行った。彼らは地中にケーブルを通し、一部ブロックの土壌を5℃高くなるように設定した。すると、そのブロックにおいて最初の10年間は炭素放出が大幅に増えた。その後、7年間は炭素の放出は停止。その後、再び排出は再開され、最近になって再び停止したという。

 原因は地中にいる微生物の影響によるものだ。加熱により微生物社会の構造が大きく代わり、土壌中の生物の種類が変化したため炭素の排出パターンが変化したという。従来の気候モデルには、このような土壌中の微生物によるフィードバックメカニズムが含まれていなかったと研究者は指摘している。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球

 関連ストーリー:
米政府、火力発電所に対する二酸化炭素排出量規制を撤廃 2017年10月11日
子供の数を減らすことが二酸化炭素排出量削減に最も効果的という試算 2017年08月01日
工場などの排気CO2からエネルギーを生み出せる新フローセル技術 2017年02月18日
インドの石炭火力発電所で二酸化炭素を回収し重曹に転換するシステムが導入される 2017年01月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード地球温暖化

「サイエンス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース