LINE、スマートスピーカー「Clova WAVE」発売 LINEの読み上げも可能に

2017年10月8日 08:01

小

中

大

印刷

スマートスピーカー「Clova WAVE」

スマートスピーカー「Clova WAVE」[写真拡大]

写真の拡大

 LINEがAIアシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー「Clova WAVE」を正式に発売した。「Clova」とはLINEが開発したAIアシスタントのことで、音声での音楽再生やニュース、天気、音声リモコンによる家電操作機能などに加えて、LINEの読み上げや送信、さらに「Clova」との連続会話などをおこなうことができる。7月14日に「Clova」搭載のスマートスピーカー「Clova WAVE」先行体験版の予約販売を開始し、今回の正式な発売に至った。現在、正式発売を記念したキャンペーンを2018年1月31日まで行っている。

【こちらも】AIスピーカー市場へ参入 オンキヨー、ソニー、パナソニック各社の思惑は?

■正式発売の「Clova WAVE」ではLINEの読み上げが可能に

 先行体験では「LINE MUSIC」が提供する4,000万曲以上の音楽再生を売りとした「音楽」機能にスポット当てて「Clova」搭載のスマートスピーカーとして売り出したが、正式発売にあたりLINEの読み上げも可能になった。「Clova WAVE」専用のLINEアカウント(LINE家族アカウント)を作成することでLINEメッセージの読み上げや送信を行うことができる仕組みだ。さらにこれまでは「Clova」との会話は一問一答だったが、連続した会話もできるとのこと。すでに先行体験で「Clova WAVE」を購入した人もアップデートでこれらの機能が使えるようになる。

 「Clova WAVE」は本体価格14,000円(税込)。「Clova」公式サイトのほか、Amazonと楽天で購入できる。家電量販店などの販売先も順次拡大していくとのこと。また、キャンペーンとして2018年1月31日まで「Clova WAVE」本体と月額960円(税込)の「LINE MUSIC」が1年間セットとなった「Clova WAVE+LINE MUSIC セット」を12,800円(税込)で販売中だ。

 正式発売後も「Clova WAVE」は、声での話者認識、音声翻訳、カレンダー管理やメモ帳機能といったビジネスにも役立ちそうな機能からショッピングやデリバリー、タクシー配車といった生活に密着したサービスなど、アップデートを随時おこなっていくと発表している。

関連キーワードLINELINE MUSIC

「ロボット・人工知能(AI)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る