リーバイス、GoogleのJacquard素材用いたスマートジャケットを米国で発売

2017年10月1日 09:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Googleが開発した布地「Jacquard」を袖口に搭載し、ペアリングしたスマートフォンの操作が可能な自転車利用者向けジャケットをリーバイスが米国で発売するそうだ(製品情報The Keywordブログの記事The Registerの記事The Vergeの記事)。

このジャケット「Levi's Commuter Trucker Jacket with Jacquard by Google」は、Levi's Commuterシリーズのトラッカージャケットの袖口にJacquardを配したもの。Jacquard部分にはめ込んで使用するスナップタグが付属する。Jacquardはジャカード織機から名前を取ったようだ。

スナップタグはBluetoothや通知機能を備えており、ペアリングしたスマートフォン側のアプリで操作を割り当てることで、袖を払う/ダブルタップするといった動作で音楽プレイヤーやナビゲーションなどの操作が可能になる。対応スマートフォンはAndroid(6.0.1以降)およびiPhone(iPhone 6以降+iOS 10以降)となっている。

発売日は10月2日となっているが、リーバイス製品を取り扱う小売店3店舗で9月27日から先行発売されている。価格は350ドル。スナップタグを取り外した状態で洗濯可能だが、洗濯に耐えるのは最大10回までとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | モバイル | 携帯電話 | IT

 関連ストーリー:
シャープ、広島東洋カープファン専用ウェアラブル端末を発売 2017年05月30日
Converseがワウペダルを組み込んだスニーカーを発表 2016年06月26日
Nike、電動靴ひも調整システム搭載スニーカー「Nike HyperAdapt 1.0」を発表 2016年03月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleiOSAndroidiPhone 6BluetoothiPhoneiOS 10リーバイス(Levi's)

広告