JR東日本、子ども見守りサービス「まもレール」10月開始

2017年9月8日 11:39

小

中

大

印刷

「まもレール」イメージポスター(画像:JR東日本発表資料より)

「まもレール」イメージポスター(画像:JR東日本発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 東日本旅客鉄道(JR東日本)とセントラル警備保障は7日、IC乗車券を利用した子供見守りサービス「まもレール」を10月1日から開始すると発表した。小学生から高校生までの児童生徒を対象とし、IC乗車券を利用して駅の改札を通過したことを、保護者にメール等で通知する。

【こちらも】ドコモの見守りサービス「イマドコサーチ」、都内の事件情報を提供開始

 利用料金は、児童生徒1名1通知先あたり月額540円から。10月1日のサービス開始に先立ち、13日から公式サイトで申込受付を開始する。

 10月1日から、山手線及び中央線(東京駅~高尾駅)の57駅でサービスを開始し、2018年春までに首都圏244駅にサービス拡大予定であるとしている。

 「まもレール」の申込みには、事前に利用する児童生徒の名前が登録されたMySuica、Suica定期券、記名PASMO、PASMO定期券のいずれかが必要。モバイルSuicaは対象外であり、また、児童生徒本人が登録されていない無記名のSuicaやPASMOは利用できない。プライバシー保護の観点から、申込みは同居の保護者に限るとしており、前述のIC乗車券のほか、申し込んだ保護者と児童生徒の関係を証明できる住民票・健康保険証も必要である。申込みは公式サイトのみでの受け付けとなる。

 「まもレール」に登録すると、児童生徒が乗車駅・降車駅の改札を通過した際、申込時に保護者が登録したメールアドレスもしくはJR東日本アプリに通知が送信される。自宅や学校の最寄り駅の通過情報を確認できるため、保護者は子どもの居場所をある程度予測して行動できる。まもレール公式サイトでは、帰宅時間の目安がわかることで保護者の不安軽減につながるとPRしている。また、学校に到着していない場合や帰宅が遅れている場合でも、通過履歴を参照することで、子どもの現在地を推測することも可能であるとしている。

 契約の受付などの管理・運営は、セントラル警備保障が担当する。同社はJR東日本の持分法適用会社であり、JR東日本の駅や駅ビル、車両センター等の警備は同社が担当している。(松村美風)

関連キーワードJR東日本山手線

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース