有機ELの研究者、スマホディスプレイは今後数年でほとんど有機ELに

2017年8月14日 21:28

印刷

記事提供元:スラド

 次期iPhoneが有機ELになるという話がここ数年出ては消えているが、白色有機ELの発見者として知られる山形大学の城戸淳二教授曰く、スマートフォンなどで使われる中型・小型液晶はあと1〜2年で有機ELに変わるという(PC Watch)。

 初代Galaxyは有機ELだったなとか、Vitaとかあったな、と意外と古い有機EL搭載ガジェットの歴史であるが、ついにディスプレイといえば有機ELが主流の時代がやってくるのだろうか。

 個人的には液晶でも十分きれいだが、冷陰極管の液晶ディスプレイが急速に衰退したように、有機ELシフトが起こるのかもしれない。そしてジャパンディスプレイは有機ELの量産に成功するのだろうか。

 山形大学には「有機材料システム研究推進本部」が設置されており、有機エレクトロニクス関連の研究が盛んだそうだが、城戸教授によると日本には有機ELの実用化のために必要な技術がすべてあるのに何もできなかったとし、「企業の経営者が無能すぎる」と批判している。そのため、同大学では大企業に頼らずに研究を進めているという。「いま、材料もプロセスも買ってくれるのは中国がおも」とも述べている。

 また、有機ELの問題としては焼き付きがあるが、これは「10年経過したときの話」だそうで、数年で製品寿命が終わる製品では問題ないそうだ。

 スラドのコメントを読む | インタビューセクション | 日本 | テクノロジー | ビジネス | 教育 | インタビュー

 関連ストーリー:
iPhone 8の価格、64GBモデルでも13万円を超えるとの予想が出る 2017年07月13日
ソニー、有機ELテレビを10年ぶりに日本で発売 2017年05月09日
Samsung、量子ドット技術を手がけるQD Visionを買収。量子ドットディスプレイを強化へ 2016年12月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGalaxyiPhoneジャパンディスプレイ有機EL

関連記事