国際 RSS

 

中国、超巨大加速器「SPPC」の建設を計画

2017年8月3日 20:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国が「Super Proton Proton Collider」(SPPC)という超大型加速器の建造を計画しているという(産経新聞)。

 日本において建設が計画されている「国際リニアコライダー(ILC)」については規模縮小が報じられており、全長が当初計画の31kmから20kmに縮小する方針とされているが、SPPCの全長は最短でも57km、100kmを目指す動きもあるという。

 現状はまだ検討段階で、順調にいけば2021年に建設開始、2027年に運用を開始、2040年に本格稼働を目指すというスケジュールのようだ。ただ、建設には多額の資金が必要となることから、中国内でも反対の声があるという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 中国

 関連ストーリー:
「国際リニアコライダー(ILC)」、規模縮小へ 2017年06月28日
CERNがLHCの観測データ300TBを公開 2016年04月26日
大型ハドロン衝突型加速器(LHC)、放置された大量のケーブルがアップグレードの障害に 2016年01月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース