みずほ銀の次期勘定系システム、7月末に完成見通しか

2017年7月28日 08:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 開発の遅延が相次いでいたみずほ銀行の新システムがついに完成すると日経新聞日経ITproが報じている。

 今夏に完成する見通しという話はあったが、実際に7月末に完成するめどが付いているとのことで、今後テストや各種確認作業を行うという。今後部分的に新システムへのつなぎ替えを行い、2019年末までに切り替え完了を目指すとのこと。実際の切り替え開始は2018年9月ごろになると見られている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ニュース | IT

 関連ストーリー:
みずほの新システム、今夏に完成する見通し 2017年05月10日
みずほ銀行の新システム開発、また遅延 2016年11月15日
みずほ銀行のシステム開発、「全てのプロジェクトが予定通り総合テスト入り」 2016年08月10日
スルガ銀行の勘定系システム開発失敗、要件定義完了後の費用42億円の支払いを日本IBMに命じる二審判決が確定 2015年07月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードみずほ銀行

広告

財経アクセスランキング