寝坊による業務トラブルも防止、法人向けモーニングコールサービス開始

2017年6月26日 07:10

小

中

大

印刷

 モーニングコールサービスを提供しているエリアフレンズが、7月1日から法人向けの起床確認業務を支援する「法人コース」を開始する。

【こちらも】大塚製薬、睡眠の質を改善する機能性表示食品の試験販売を開始

 現在、同社が提供しているモーニングコールサービスは、社会人や学生におすすめの「平日コース」、365日毎日モーニングコールが受けられる「毎日コース」、家族のモーニングコール結果をメールや電話で受け取れる「ご家族見守りコース」、「二度寝防止プラン」など、要望・ニーズにあわせた多様なサービスを提供している。

 今回の法人コースでは、従業員にモーニングコールをかけて寝坊対策や起床確認を行うことはもちろんだが、万が一モーニングコールに出ない場合、管理者が緊急の電話報告を受けることで、寝坊による遅刻やショップのオープンミスなどのトラブルを防止することができるという。

 もう少し詳しく説明すると、「モーニングコールサービス」とは録音した自動音声ではなく、エリアフレンズに所属する女性オペレーターとリアルタイムで会話が可能。普通の目覚まし時計や携帯電話のアラーム・アプリと違い、オペレーターと直接電話で会話をすることで、脳の交感神経を刺激し、目覚まし時計やアラームよりも心地よい目覚めを提供する。

 エリアフレンズでは今後もモーニングコールサービスによる「朝の心地よい目覚め」をサポートすると共に、起床支援を通じて少しでも社会に貢献するべく、サービス改善に取り組んでいくという。明日の朝起きれるか不安と戦うよりも、モーニングコールを依頼して快眠と心の安定に包み込まれてみませんか?(記事:久保圭大郎・記事一覧を見る

関連情報

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース