トランプ大統領のTwitterアカウント、批判ユーザーブロックは憲法違反と

2017年6月10日 10:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 米トランプ大統領はTwitterを活用していると言われているが、このTwitterアカウントが最近、大統領を批判している投稿者を立て続けにブロックしているそうだ。そのため米国で言論の自由に関する活動を行っている組織であるコロンビア大学ナイト・ファースト・アメンドメント・インスティチュートが、大統領に対しTwitterでのブロックは言論の自由を保障する米合衆国憲法の修正第1条に違反しているとの書簡を送ったという(ロイターハフィントンポスト)。

 ナイト・ファースト・アメンドメント・インスティチュートは、トランプ大統領のTwitterアカウントは「公開討論会」との役割があると主張。ここから特定の利用者を締め出すことは憲法違反であるとしているという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | YRO | Twitter | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
Twitter CEO、米大統領がどんな発言をしてもアカウントを停止するつもりはない 2017年05月03日
米ポルノ制作会社、言論の自由を盾に撮影時のコンドーム不使用を求めて提訴していた 2014年12月18日
米シアトル内の図書館、憲法上の理由からポルノ動画を見る男性に注意せず 2012年02月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitter憲法ドナルド・トランプ

関連記事

広告

財経アクセスランキング