昨年の人身取引被害保護50人、目立つ売春強制

2017年5月31日 11:47

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 菅義偉官房長官は30日の記者会見で、同日開いた人身取引対策推進会議で、2016年中の人身取引被害状況、対策の取り組み状況をまとめた年次報告を決定した、としたうえで「人身取引の根絶を目指し『行動計画2014』に基づく対策を着実に進めていくことを確認した」と発表した。昨年の人身取引被害での保護人数は50人、人権侵害著しい売春の強制が目立つ。

 それによると、昨年中の人身取引被害者の保護人数は男性2人を含む50人だった。このうち日本人は25人に上り、過去最多となった。外国人ではタイが9人と最も多く、フィリピン(8人)、カンボジア(7人)ベトナム(1人)だった。

被害の特徴では日本人では「出会い系サイトなどを利用した売春の強制」、外国人では「ホステスとしての稼働や性風俗店での売春強制」と、いずれも売春の強制が目立つ。

 人身取引被疑者として46人を検挙していた。性別では男37人、女9人。日本人が40人で最も多く、職業では風俗店関係者が16人だった。また43人が起訴され、33人の有罪が確定していた。

 国は人身取引事犯の撲滅に向け、取締りの徹底、人身取引が潜在するおそれのある売春事犯、児童買春・児童ポルノ事犯、外国人労働者の雇用関係事犯の取締りの推進を図っている。また政府は「児童の性的搾取等に係る対策の基本計画、アダルトビデオ出演強要問題等に関する対策を策定」し、実効をあげる考えだ。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
ダンス・クラブ規制は緩まるか 風営法が今秋改正へ
風俗関係事犯 暴力団関与率は・・

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードタイ(国)菅義偉官房長官フィリピンベトナムポルノ児童ポルノカンボジア

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース