「冷房時の室温設定28℃」について見直しが検討される

2017年5月15日 16:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 節電のため、夏場のエアコンの温度設定を28℃にしようという呼びかけがある。これは、厚生労働省が定めた事務所衛生基準規則第五条3の「事業者は、空気調和設備を設けている場合は、室の気温が十七度以上二十八度以下及び相対湿度が四十パーセント以上七十パーセント以下になるように努めなければならない。」を根拠としているのだが、この28℃という温度について関芳弘環境副大臣が「実はかなり不快だ。無理があるのではないか」として再検討を考えるべきと述べたと報じられている(東京新聞日経新聞)。

 なお、この「28℃」という温度は約50年前の研究結果を元に決められていたという(朝日新聞)。また、エアコンの温度を28℃に設定しても部屋の温度が28℃以下に保たれるわけではなく、さらに湿度などの環境によって体感温度が変わる点も指摘されている。

 スラドのコメントを読む | 日本

 関連ストーリー:
クールビズの次は「時差ビズ」 2017年05月02日
小中学校の暖房稼働基準は10℃ 2016年11月19日
「クールビズ」開始10周年 2014年05月02日
クールビズ、今年も1ヶ月早く開始 2012年05月03日
クールビズだけでは能率低下 2008年07月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード厚生労働省

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース