比例復活組は原則、選挙地盤醸成に努めよ 自民

2017年4月26日 07:27

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

自民党の二階俊博幹事長は25日の記者会見で、党議員のGW期間中の海外出張について「比例復活議員は原則、海外出張を控え、選挙地盤の醸成に努めること。東京都選出議員は都議選対応を最優先し、原則、海外出張を控えていただく。どうしても必要な場合は極力日程を短縮すること」との申し合わせを行ったと発表した。

 二階幹事長は「党としても、ご本人にとっても、必勝態勢構築のため必要な措置であると考えている」と申し合わせに従うよう求めた。

 また、二階幹事長は、記者団がゴールデンウィーク中の議員の海外出張について、比例復活の議員などに地元でどのような活動をしてほしいと考えるか、と聞かれ「子供に言うわけではありませんから、そんなことは私自身あらかじめいちいち呼びつけて申し上げるようなつもりはありません」と答えた。

 二階幹事長は「それぞれいろいろ対応してくれるだろうし、現に派閥は存在するわけですから、こんなときこそ派閥が働くべきですよね」と派閥で、どう対応するべきかを指導するよう期待した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
区割り審答申「真摯に受け止め、対応」馬淵氏

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京都自民党二階俊博選挙ゴールデンウィーク

関連記事

広告