ホテル椿山荘東京の「ほたるの夕べ」、閉園後の庭園で蛍観賞

2017年4月13日 15:23

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ホテル椿山荘東京では、蛍の観賞を楽しむイベント「ほたるの夕べ」を2017年5月19日(金)から7月2日(日)まで開催。期間中は、特別に閉園後の静けさを取り戻した庭園で蛍を愛でる「プライベートホタルナイトステイ」や、大人の夜を演出する「ほたるとスタンダードジャズを楽しむ夕べ」など様々な企画が展開される。

■閉園後の庭園で蛍観賞

 緑豊かな広大な庭園を持つホテル椿山荘東京では、2000年から専門家の指導の下、ゲンジボタルが産卵から飛翔まで生息できる環境作りに取り組んできた。「プライベートホタルナイトステイ」では閉園後の庭園内の「ほたる沢」「ほたるの洞窟ビオトープ」「水車」といった蛍観賞スポットで、柔らかな光を放ちながら幻想的に舞う、美しい蛍の飛翔が見られる。

■蛍×ジャスで大人な一夜を

 蛍の舞を鑑賞する夜には、スタンダード・ジャズの演奏とディナーを楽しむ「ほたるとスタンダードジャズを楽しむ夕べ」もおすすめ。熟練のジャズドラマーが刻む軽快なリズムに合わせて流れるのは、誰もが一度は効いたことのある名曲の数々。家族や大切な人と一緒に、優雅ないひと時を過ごしてみては。

■ディナーブッフェ、「蛍の情景」を表現した特別メニューも

 さらに、蛍観賞の前にグルメを堪能するのも良さそう。「ほたるの夕べ ディナービュッフェ」では、海の高級食材「鮑」や好評の「ローストビーフ」のほか、シェフが蛍の情景を表現した特別メニューが振る舞われる。また、カスタマイズできるオリジナルサラダやオリジナルパフェ作りも。ドリンクは、ビール・赤白ワイン・焼酎・ウイスキーなどが飲み放題となっている。

【詳細】ホテル椿山荘東京の「ほたるの夕べ」期間:2017年5月19日(金)〜7月2日(日)住所:東京都文京区関口2−10−8・プライベートホタルナイトステイ期間:2017年5月19日(金)〜6月4日(日)料金:1人 39,000〜70,000円 (1室2名利用)・ほたるとスタンダードジャズを楽しむ夕べ開催日:5月31日(水)・6月1日(木)時間:食事 18:30〜20:00 / ショー 20:00〜21:15(終了予定)会場:1階「ボールルーム」料金:1人 15,000円 / グループ割 1人 14,250円(4〜10名)※ショーチャージ、食事、フリードリンク、サービス料、消費税込み・ほたるの夕べ ディナービュッフェ期間:2017年5月19日(金)〜7月2日(日)時間:19:00〜21:00会場:宴会場料金:・大人 月〜木 9,800円 / 金土日 10,500円 ・小学生 月〜木 4,300円 / 金土日 4,500円・幼児 月〜木 2,300円 / 金土日 2,500円メニュー:和洋ブッフェ、フリードリンク(ビール、赤白ワイン、焼酎、ウイスキー、ソフトドリンク)【予約・問い合わせ先】イベント予約センターTEL:03-3943-1140(9:00〜21:00)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードホテル椿山荘東京

関連記事

広告