最近のヒットソングはイントロが短く、テンポも速いという傾向

2017年4月11日 21:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 1986年から2015年までの米国の音楽ヒットチャート「Billboard」年間上位10曲を分析したところ、最近のヒット曲ではイントロ部分が劇的に短くなっている傾向があることが分かったそうだ(AFP)。

 1986年の上位ヒット曲10曲のイントロ平均時間は約23秒だったのに対し、2015年の平均時間は約5秒だったという。また、ヒット曲のテンポが速くなっている傾向もあるそうだ。

 さらに音楽ストリーミングサービスSpotifyのデータでは、「楽曲の21%で始まりの5秒間が早送りされている」ことも分かったという。とはいえ、イントロ部分が長いヒット曲も存在することも指摘されている。

 スラドのコメントを読む | 音楽

 関連ストーリー:
2016年、米国でもっともCDが売れたアーティストはモーツァルト 2016年12月15日
ZARD「負けないで」、最近リリースされた音源ほど波形が潰れている? 2016年02月20日
NHK、各時代のヒットソングを分析して作った「その時代っぽい」曲を公開 2015年12月29日
SiriはApple Musicの契約者以外にはヒット曲を教えない 2015年10月29日
米調査、最新ヒット曲を聴かなくなるのは30代半ば 2015年05月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSpotifyBillboard

広告

財経アクセスランキング