米国家安全保障局、「トランプショック」でさらなる人材流出も

2017年3月4日 18:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 米国家安全保障局(NSA)で、人材流出が問題となっているそうだ(ロイターSlashdot)。

 以前にも「スノーデン事件」の影響で士気の低下や人材流出が起きているという話があったが、トランプ大統領の就任がこれらに拍車をかけているという。

 トランプ大統領の就任によって情報当局の予算などを含む「行く末」に懸念が出ていることが理由の1つのようで、シリコンバレーなどの高賃金職に転職するケースもあることから当局は職員の引き止めに苦労しているようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | IT | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
ロシアがスノーデン氏を「贈り物」として引き渡し検討 2017年02月16日
米国家安全保障局、「スノーデン事件」の影響で士気低下や人材流出が顕著に 2016年12月15日
米大統領選の裏で起きている米露サイバー戦争 2016年08月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ米国家安全保障局(NSA)ドナルド・トランプ