AMD、最新Radeonドライバーで32ビット版Windows 8.1をサポート対象外に

2017年2月27日 08:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AMDが最新のRadeonドライバーで32ビット版Windows 8.1をサポート対象外にしたそうだ(TechPowerUpの記事Softpediaの記事)。

22日にリリースされたRadeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1は、Windows 7 (32ビット版64ビット版) およびWindows 8.1 (64ビット版)、Windows 10 (32ビット版64ビット版)のみが対象だ。32ビット版Windows 8.1向けは8日リリースのバージョン17.1.2が最新版となっている。

手違いではないかとTechPowerUpが問い合わせたところ、32ビット版Windows 8.1向けの最新ドライバーは用意されないとの答えが返ってきたという。32ビット版Windows 8.1向けのドライバーはダウンロード数が非常に少ないため、AMDでは今後も新しいドライバーを開発する予定はないとのこと。

AMDは今回の決定について、Windows 10の無償アップグレードキャンペーンの成功により、32ビット版Windows 8.1のユーザーが大幅に減少したことが大きいとしている。ユーザー数の多いバージョンに注力してドライバー更新サイクルを速めるため、開発者リソースの割り当ても最近変更したという。間近に控えるRadeon Vegaのリリース後は、特に迅速なドライバー更新を行っていきたいということのようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | ソフトウェア | グラフィック | AMD | IT

 関連ストーリー:
ロシアでAMDとNVIDIAのどちらのグラフィックカードが良いかという議論による死傷者が出る 2017年02月23日
Blizzard、Windows XP/Vistaのサポート終了へ 2017年02月22日
AMDの新CPU「Ryzen」シリーズはCoreシリーズよりも圧倒的に低価格? 2017年02月14日
AMD曰く、RyzenはWindows 7をサポートしない 2017年02月11日
12月のデスクトップOSシェア、SteamでWindows 10が50%を超える 2017年01月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindows 10Windows 7Windows 8Windows 8.1

関連記事

広告