弁護士以外によるネット記事削除請負は違法

2017年2月23日 17:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 東京地裁が、弁護士以外が報酬目的でネット上での記事削除要請の代行を行うのは弁護士法違反との判断を下した(朝日新聞)。

 問題とされたのは、業者が報酬を受け取り、その依頼者を名乗って削除要請を行う行為。削除要請は法律事務に該当するとし、このような業務を行っていた業者に対して報酬の返還を命じたという。業者に依頼を行った男性が、依頼した13記事のうち10記事分しか削除できなかったとして契約無効を主張していた。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT

 関連ストーリー:
最高裁、Google検索からの「児童売春による逮捕報道」削除を認めず 2017年02月01日
「不適切な情報」を隠蔽するため、無関係の相手を訴える事案が複数確認される 2016年10月13日
ウェブ魚拓、「忘れられる権利」への対応のため「過去の魚拓」機能を停止 2016年03月04日
英当局、「忘れられる権利によって検索結果から削除された記事のリスト」を検索結果から削除するようGoogleに命じる 2015年08月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード弁護士

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース