Googleドライブの海賊版共有対策はハッシュ値の照合?

2017年2月14日 17:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Googleドライブは容量が許す限りどのようなファイルでも保存できることから、海賊版の共有に使われることも多いという。Googleではこのような問題への対策として、海賊版の公開用リンク生成をブロックしているようだ(TorrentFreak)。

 Googleドライブに格納したハリウッド映画のスクリーナー(メディアなどに提供されるサンプル版)のコピーを共有しようとしたところ、警告が表示されてリンクが生成できなかったとの報告を読者から受けたTorrentFreakでは、同様の現象が再現することを確認したという。

 警告は利用規約に違反する可能性があるといったもので、違反の詳細は提示されないが、米デジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づく削除要請の手順を解説するページへのリンクが含まれていたとのこと。TorrentFreakの問い合わせに対し、Googleでは不正利用防止対策の詳細についてはコメントできないと回答している。

 Googleは米著作権局が昨年開催した円卓会議で、Googleドライブにおける海賊版対策として、ファイルのハッシュ値を利用して検出する仕組みを導入済みだと回答している。そのため、Googleドライブのコンテンツに対する有効な削除要請を受けた場合にハッシュ値を記録し、他のユーザーが同じファイルを共有しようとした場合に警告する仕組みだとTorrentFreakはみているようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 映画 | Google | YRO | 海賊行為 | ストレージ

 関連ストーリー:
米国の著作権団体とISP、4年間運用された著作権侵害警報システムの運用を停止 2017年02月01日
Cisco、海賊版ライブストリーミングを元から絶つ技術を開発 2016年10月28日
映画「君の名は。」製作委員会、海賊版動画へのリンクを投稿するTwitterユーザーに直接注意を行う 2016年09月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権メディアGoogle海賊版

広告