Google Home、TVCMの「OK、Google」という声に一斉に反応

2017年2月8日 11:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米国における超人気コンテンツ「スーパーボウル(アメリカンフットボールの優勝決定戦)」のTV中継中に放映されたGoogle HomeのCMに、視聴者の家庭に設置されたGoogle Homeが一斉に反応するというできごとがあったそうだ(The Verge)。

 Google Homeは音声で操作できるインターネット接続デバイスで、情報検索や各種デバイスの操作機能などを備えている(過去記事)。今回放映されたCMは家族がGoogle Homeを利用しているというものだったが、このCM中でGoogle Homeを起動するためのキーワードである「OK、Google」という言葉が使われていたことから、視聴者のGoogle Homeがそれに一斉に反応したそうだ。

 音声に反応する端末としてはAmazonも「Amazon Echo」を発売しているが、先月にはこのAmazon EchoがTVの音声に反応して商品を勝手に注文してしまう、という話もあった(iPhone Mania)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | idle | IT

 関連ストーリー:
総務省、音声認識機能を持つ人工知能の実用化を推進へ 2017年01月12日
富士通が人工知能「Zinrai」を提供へ 2016年11月30日
Microsoftの音声認識技術、英語では人間並みのレベルに到達 2016年10月27日
Googleが「Google Home」や「Allo」などの新製品/新サービスを発表 2016年05月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカGoogleiPhoneAmazonAmazon Echo

関連記事

広告

財経アクセスランキング