文教協会に続き、文教フォーラムも解散へ準備

2017年2月8日 09:09

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 文部科学省による組織ぐるみの再就職あっせん問題(天下り問題)で、仲介役だった嶋貫和男文科省人事課OBが参与についていた公益財団法人「文教協会」は、松野博一文部科学大臣が今後は文教協会に補助金を支出しないことや協会発行書籍を購入しないとしたことに加え、社会的な信用を失墜しているとして「事業継続は困難」なことから解散手続きを進める方針を今月明らかにしたが、7日の衆院予算委員会では、嶋貫氏自身が理事長を務める「文教フォーラム」も年度内に解散する方針で準備を進めていることが明らかになった。

 民進党の小川淳也議員が追及した中で、嶋貫氏が答えた。ただ、小川議員は「解散が隠蔽行為につながることがないように」と釘を刺した。問題が発覚したので解散という単なる看板掛け替えにならないよう注視する必要がある。

 同時に、こうした問題の再発防止には民進党の井坂信彦議員が7日の同委員会で提起したように「懲戒処分だけでなく刑事罰を科すこと」の検討も必要がある。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
長期化する安倍政権で官僚機構に緩み・・前総理
上司、同僚に配慮不要。一気に膿み出せ 文科相
天下り根絶の本気度感じることできないと野田氏
天下り根絶は安倍内閣の基本方針と総理強い姿勢
長時間労働「過労死ラインほぼ認めるのか」追及

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード民進党松野博一天下り

関連記事

広告

財経アクセスランキング