戦争被害者救済でシリア行き計画の英元兵士、テロリズム法違反で有罪

2017年1月9日 17:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

英国人の元兵士の男性が昨年9月、シリアの戦争被害者を救う目的で英国を出国しようとしたところ逮捕され、英国の2000年テロリズム法に違反したとして12月に有罪判決を受けたそうだ(The Registerの記事Wales Onlineの記事)。

罪状は警察官が要求したiPhoneのPINコード開示を拒否したというものであり、テロ行為そのものではない。2000年テロリズム法の附則7では、出入国の際に捜査員の求める情報を提示することを義務付けており、これに抵触したようだ。

警察では昨年7月から、男性がクルド人部隊を助けるためにシリアへ行こうとしているのではないかと考えていたそうだ。そのため、警察は何度か男性を訪ねており、男性は9月9日のフライトを予約していると伝えていたという。

フライト当日、男性がヒースロー空港に到着すると職務質問を受け、iPhoneのPINコードを要求される。男性はPINコードを伝え、指紋認証を行ったが、ロックを解除できなかったため逮捕されたようだ。男性はPINコードを忘れたなどとして、その後も正しいPINコードを伝えていないとのこと。

裁判で有罪判決を受けた男性は、50時間の無償労働を伴う12か月間の社会奉仕を命じられ、刑罰賦課金として85ポンドの支払いも命じられる。それだけでなく、男性はISISと戦う意思を公言したため、ISISを名乗る者からの脅迫を受けているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 英国 | 軍事 | 犯罪 | 法廷 | セキュリティ | idle | iPhone

 関連ストーリー:
ロンドン警視庁考案、容疑者にiPhoneのロックを解除させる新たな方法とは? 2016年12月10日
英、令状なしで国民のWebアクセス記録を閲覧できる権限を警察など48機関に与える法案が可決 2016年12月02日
米ロサンゼルス市警、iPhone 5sのロック解除に成功していた 2016年05月07日
カナダ警察、2010年からBlackBerryのメッセージを復号するマスターキーを持っていた 2016年04月17日
Apple、米当局からの銃乱射事件容疑者のiPhoneのロック解除要求を拒否 2016年02月18日
英国政府はアプリケーション開発者にバックドア実装を強制することはない 2015年11月04日
英国で服役中のテロリスト、USBメモリーのパスワード開示を拒否して刑期が4か月延長される 2014年01月19日
スラング一つでテロリスト疑惑をかけられた男性、逮捕される 2012年02月07日
20代英国人男性、Twitterのつぶやきでテロリストと間違われ逮捕される 2012年02月02日
英男性、「爆弾の作り方」のダウンロードで2年3ヶ月の懲役 2012年01月30日
Twitterで「爆破予告」した英国男性、逮捕される 2010年01月21日
英ヒースロー空港、全身透視検査を実施 2010年01月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードテロ英国シリア裁判