林業で使われているトラックが相次いで生産中止に、排ガス規制が影響

2016年12月22日 09:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 林業で使われている、材木運び出し用のトラックが次々と生産中止となっているという(MSNニュース「吉野の杣人奮闘記」ブログ)。

 材木運び出しで使われているのは、低速ギヤが備えられた高床2トン4輪駆動トラック。高床車は地面から荷台床面までが高く、より大きい径のタイヤを備えているのが特徴で、振動に強く悪路でも走行しやすい。

 しかし、近年の排ガス規制によってこういったトラックが相次いで生産終了になり、自動車メーカーは同様の仕様のものを再生産することは難しいとしているという。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
GMと米陸軍が燃料電池を使ったピックアップトラックを開発 2016年10月12日
排ガス規制対策のための「不正ソフト」、日本でも前倒しで規制を検討 2015年10月01日
VW及びAudiが米国の排ガス規制を不正にクリア 2015年09月21日
自動車の排気ガス汚染、主要死亡原因にランクイン 2012年12月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
  • Photo:GAZOO Racing 86/ BRZ Race
 

広告

ピックアップ 注目ニュース