博報堂とLINE、若年層対象の調査研究プロジェクト開始

2016年11月2日 23:44

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

博報堂ブランドデザイン若者研究所は、LINEと共同で、若年層を対象とした調査研究プロジェクト「若者インサイトラボ」を開始した

博報堂ブランドデザイン若者研究所は、LINEと共同で、若年層を対象とした調査研究プロジェクト「若者インサイトラボ」を開始した[写真拡大]

写真の拡大

 LINEはサービス開始からわずか5年で、驚くべき進化を遂げた。今や若年層を中心に拡がっており、もはやメールでのやりとりはほとんどLINEに置き換わっていると言っても過言ではない。このように、国内で6200万人(MAU)のユーザー基盤を作っており、国内最大級かつアクティブ性の高いスマートフォン調査パネル(約300万人/2016年10月時点)を保有している。

 これを受け、博報堂ブランドデザイン若者研究所は、LINE <3938>と共同で、若年層を対象とした調査研究プロジェクト「若者インサイトラボ」を開始した。今後一年間の予定で、国内最大級のスマートフォン調査パネルを利用したインターネット調査を中心に、毎月ユニークなテーマを設定した調査報告を実施していくという。

 インターネット調査は、これまでは PC パネルを利用した調査が主流だった。しかし、近年、生活者の主要デバイスが PC からスマートフォンに移行し、特に若年層については、その傾向が顕著なものとなっているため、今回の調査を実施する。

 毎月の調査テーマは季節性を考慮して設定し、初回は11月に「ハロウィン」、2回目は12月に「クリスマス」をレポートしていく予定。

 プロジェクトの名称は「若者インサイトラボ」。メンバー数は10名(若者研究所5名、LINE5名)。活動期間は2016年10月~2017年12月の予定。活動内容は、LINE の保有するスマートフォン調査パネルを利用したインターネット調査と分析(月1~2 テーマ)、最新の流行や、若者の特定商品/サービスカテゴリーへの関心、消費動向に関する調査など、これら調査結果の情報発信(WEB、出版など)。(編集担当:慶尾六郎)

■関連記事
中高生が開発者に? IoTがどんどん身近になっている
格安スマホ、安さ以外のメリットで差別化へ
高校生の携帯電話端末の所有率は96.8% うちスマホは93.0%
思わぬところで見られている? SNS人名検索の意識調査結果を公開
スマホがシニアにも急速に普及 60代前半の半数以上が使用 3人に1人がLINEを利用

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース