北朝鮮への独自制裁の内容、タイミング「効果考えて」―岸田文雄外相

2016年9月13日 21:36

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

岸田文雄外務大臣は13日、北朝鮮に新たな核実験の兆候が出ていることについて記者団に聞かれ「新たな兆候等の具体的な情報については事柄の性質上、今の段階で公にすることは控えなければならないと考えている。情報収集・分析については引き続きしっかり努めていかなければならないし、様々な事態に向けて警戒監視等についても万全を期していかなければならない」と答えた。

 また、北朝鮮の核実験などに対する日本の独自制裁について「国連安保理で既にプレスステートメントを発出し、更なる制裁措置を含む新たな決議の採択に向け、様々な努力が続けられている。二国間を始め、様々な非公式な意思疎通が行われている状況にある」とした。

 そのうえで「我が国として、核・ミサイル、拉致等の諸懸案を解決する上で何が最も効果的なのか、こういった観点から検討を続けていきたい。タイミングについても最も効果的なタイミングを考えていかなければならない」と答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
北への独自制裁についても検討進めていく 総理
自衛隊高級幹部合同で「現実直視」総理が強調
文韓国国防部報道官 GSOMIA必要な面ある
6回目の核実験への動き 把握情報に回答控える
別坑道で核実験準備終えたもよう 韓国メディア

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北朝鮮岸田文雄国連安保理核実験

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース