経済 RSS

 

熊本震度5弱、川内原発1・2号機には異常なし―九州電力

2016年9月1日 13:41

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 九州電力は31日午後7時46分ごろ、熊本県熊本地方を震源地とするマグニチュード4.9〈暫定値〉、最大震度5弱の地震による川内原発1号機、2号機への影響について「安全に運転継続中で、異常は確認されていない」と発表した。

 また、玄海原発は全基停止中で、こちらも異常なしとし、原発については、放射線モニターの指示値に変化はなく、外部環境への影響はないとした。

 川内原発1号機、2号機については、現在、鹿児島県の三反園訓知事が、さきの熊本地震の影響に対し、県民が不安を感じているとし、一時運転を停止し、点検・検証するよう要請している。

 ただ、1号機は10月に、2号機は12月に定期点検のため、運転停止が予定されており、九州電力はこの定期点検の際に、三反園知事の求める点検・検証を行うことで対応したいもよう。前倒ししての運転停止は回避したいもようだ。

 九州電力の瓜生道明社長は三反園知事から26日に要請を受けた際、「要請内容について、真摯に対応を検討する」と答えた。原子炉容器や配管などの点検は定期検査でいずれにしても行うことになるが、活断層の調査や避難計画への対応支援などにどこまで答えていくのか、九州電力側の対応が注目されている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
三反園知事が九電に川内原発停止と点検を要請
伊方原発3号機を12日に再稼働 四国電力発表
【電力大手の2016年4~6月期決算】業績を悪化させたのは4月の電力小売の完全自由化よりも、燃料費調整制度だった
三反園知事が実質優位 川内原発停止で
原発事故の住民避難責任は行政 廃炉要請に意味

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード熊本県鹿児島県原発川内原発三反園訓九州電力瓜生道明

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース