防衛省、2等陸佐を国連PKO局「軍事計画課」に派遣へ

2016年8月26日 20:00

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 防衛省は26日、国連PKO(平和維持活動)局・軍事計画課に冨永敦2等陸佐(現陸上幕僚監部運用支援・情報部)を29日から約2年間を目途に派遣すると発表した。米国にある国連本部で勤務する。

 赴任後は国連PKO局軍事計画課で国連PKOの方針の策定、基準の設定、計画作成に関する業務に携わるという。

 防衛省では現在、山口勇人2等陸佐、須田道夫1等陸佐を派遣しており、3人目となる。通算では2002年に初めて派遣して以来、6人目となる。

 防衛省は「今後とも国際社会の平和と安定に貢献するため、職員の派遣も含め、国連PKOに主体的かつ積極的に取り組んでいく」としている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
25日から駆けつけ警護、基地警備の新任務訓練
稲田防衛大臣は9月国会までに南スーダン訪問を
南スーダン「PKO5原則満たしている」防衛相
南スーダンPKO隊員の激励もしてほしかった
PKO新任務「要否含め政府で検討進める」防相

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省PKO

関連記事