日産、バイオエタノールから発電する燃料電池システム「e-Bio Fuel-Cell」

2016年6月14日 18:05

小

中

大

印刷

発電・駆動の仕組み(日産自動車の発表資料より)

発電・駆動の仕組み(日産自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 日産自動車は14日、バイオエタノールから発電した電気で走行する新しい燃料電池システム「e-Bio Fuel-Cell」の技術を発表した。「e-Bio Fuel-Cell」は、エタノールの他にも天然ガス等の多様な燃料と酸素との反応を利用して高効率に発電する固体酸化物形燃料電池(SOFC)を発電装置としたシステムで、今回が自動車の動力源として世界で初めて車両に搭載する試みとなるという。

 「e-Bio Fuel-Cell」は、車両のタンクに補給されたバイオエタノール(100%エタノールまたはエタノール混合水)から、SOFCによって発電した電力を車載バッテリーへ供給し、モーターで駆動する仕組み。SOFCは、高い発電効率があり、ガソリン車並みの航続距離(600km以上)の実現が可能になる。また、電動駆動ならではの静粛性や、リニアな発進、加速など、電気自動車(EV)と同等の特性がある。

 SOFCは、酸素と反応する燃料であれば発電が可能なため、燃料の多様性が特徴となっている。特に、さとうきびやとうもろこしなどを原料にしたバイオエタノールは、北南米、アジアなど多くの国で実用化されている。ブラジルなどのガソリンスタンドでは100%エタノールが供給されるインフラ環境が整っており、「e-Bio Fuel-Cell」は大きな将来性を秘めているという。

関連記事