【話題株】日清食品HDの「株価連動型社員食堂」は「お目玉デー」でスタート、月末終値が前月上回ればマグロ解体ショー付きも

2016年5月10日 11:14

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

日清食品ホールディングス<2897>(東1・売買単位100株)はさる3月30日、東京本社(東京都新宿区)の社員食堂を「日本初!」の株価連動型社員食堂「KABUTERIA」(カブテリア)に趣向を改めてオープンした。

日清食品ホールディングス<2897>(東1・売買単位100株)はさる3月30日、東京本社(東京都新宿区)の社員食堂を「日本初!」の株価連動型社員食堂「KABUTERIA」(カブテリア)に趣向を改めてオープンした。[写真拡大]

写真の拡大

 日清食品ホールディングス<2897>(東1・売買単位100株)はさる3月30日、東京本社(東京都新宿区)の社員食堂を「日本初!」の株価連動型社員食堂「KABUTERIA」(カブテリア)に趣向を改めてオープンした。

 前月の月平均株価を当月の月末日終値が上回った場合、例えば「マグロの解体ショー」や「世界三大珍味祭り」など、豪華なイベントやメニューを提供する「ご褒美デー」を設ける一方、前月の月平均株価を当月の月末日終値が下回った場合、質素な食事を提供する「お目玉デー」を翌月に2日間設定するという。

 たとえば、「2016年3月の平均株価を4月の月末日終値が上回った場合、豪華なメニューを提供する「ご褒美デー」を5月に2日間設定。一方、3月の月平均株価を4月の月末日終値が下回った場合、質素な食事を提供する「お目玉デー」を5月に2日間設定します」(同社)。

 「お目玉デー」は予告なしに実施し、また、役員数名が給食着で社員に配膳するなど、今後に向けての自らの行動を考え直す日とするというから、役員さんにとっては心穏やかでいられないはずだ。

 月平均株価は日々の終値で算出するというが、3月の平均はおよそ5500円。4月末の株価は5080円。最初のイベントは「お目玉デー」で勝負ありとなった。どんな食事が供されるかは「社内的なことなので公表は控える見通し」(同)だが、株式市場関係者の中には、新商品の発表ひとつにしても株価を意識した発表になるのではないかと期待する動きがある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
4月相場入りだが、決算発表接近で出来高の少ない閑散相場か、量的緩和あれば急伸も=犬丸正寛の相場展望(2016/03/25)
【編集長の視点】富士ソフトサービスビューロは権利付き最終日の配当権利取りに割安直近IPO株買いが相乗して反発(2016/03/28)
伊勢志摩サミットは4月10日の外務大臣会合からスタート、セキュリティ関連株の出番は意外に近い?!=浅妻昭治(2016/03/28)
【株式評論家の視点】マツモトキヨシは増配好感で急伸、免税店を275店へ拡大でインバウンド効果満喫、最高値更新を期待(2016/03/28)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース