伊藤忠テクノソリューションズが最高益など好感し大きく出直る

2016年5月6日 15:18

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ダブルボトム形成して出直り新たな相場に移行する期待

 伊藤忠テクノソリューションズ<4739>(東1・売買単位100株)は6日、大きく出直る展開となり、後場は19%高の2544円(412円高)まで上げて戻り高値を更新した。5月2日に発表した2016年3月期の連結決算は営業利益、税引き前利益が減益だったが、純利益は前期比3.5%増加の180.2億円となり、15年3月期の過去最高174億円を更新。今期の見通しも最高を更新することなどが好感された。

 価格帯別の出来高を見ると2700円前後に厚い層があり、戻り待ちの売り物が増える可能性があるようだが、下値を見ると1月の1800円台、4月の1900円台がダブルボトムになるため、戻り売りをこなしながら新たな相場に移行するとの見方もある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【銘柄紹介】モバイルクリエイトは無線管理システムで高成長、沖縄で乗車システム開始、中期で800円台も(2016/03/28)
【狙い場・買い場】冨士ダイスは今3月期減益だが3円増配の期末一括22円配当で利回り4.2%(2016/03/28)
【狙い場・買い場】西尾レントオールは選挙関連の側面、割安感あり配当利回り妙味増す(2016/03/19)
ジグソーが月面探査チームにKDDI参加など好感し上場来の高値(2016/03/25)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース