エアバスがドローン探索システムを開発

2016年1月13日 17:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok 曰く、 航空機メーカーであるエアバスが、ドローン対策システムを開発したそうだ(NETWORKWORLDSlashdot)。

 このシステムは赤外線カメラやレーダー、各種センサーなどを使ってドローンを認識・追跡できるというもの。さらに、無線電波妨害システムを使ってドローンの操作やGPSによる位置取得を妨害することもできるという。6マイル(約9.6km)以上の範囲をカバーでき、またドローンの操縦者を特定するといったこともできるそうだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
世界初ドローン宅配は千葉の幕張新都心になる? 特区指定を受け、アマゾン参入へ 2015年12月17日
火を噴くドローンで七面鳥を焼く 2015年12月12日
米Google、小型無人飛行機による商品配送事業に参入か 2015年11月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース