ファミリーマート、サークルK・サンクス消滅報道に「当社発表ではない」

2015年10月10日 23:23

小

中

大

印刷

ファミリーマートは、ユニーグループ・ホールディングスとの経営統合によって、コンビニエンスストア事業のブランドをファミリーマートに統合するとの報道に対するコメントを発表した。写真は、ユニグループが展開する「サンクス」の店舗。

ファミリーマートは、ユニーグループ・ホールディングスとの経営統合によって、コンビニエンスストア事業のブランドをファミリーマートに統合するとの報道に対するコメントを発表した。写真は、ユニグループが展開する「サンクス」の店舗。[写真拡大]

写真の拡大

 ファミリーマートは10日、ユニーグループ・ホールディングスとの経営統合によって、コンビニエンスストア事業のブランドをファミリーマートに統合するとの同日付の報道について、「当社が発表したものではございません」とのコメントを発表した。

 10日、共同通信などは、ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスが、コンビニ事業のブランドを「ファミリーマート」に一本化する方針で、ユニーグループが展開する「サークルK」と「サンクス」が消滅すると報じていた。

 ファミリーマートは、「当社とユニーグループ・ホールディングス株式会社は、対等の精神に則り、統合検討委員会を中心として、経営統合に向けた協議を進めている。今後開示すべき事項を決定した場合には、速やかに知らせる」としている。(記事:町田光・記事一覧を見る

関連記事

広告

財経アクセスランキング