70年談話は出すべきでない、罠にわざわざ掛かるのは愚か―野田元首相

2015年8月4日 17:20

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 野田佳彦前総理は戦後70年を節に安倍晋三総理が、総理個人の談話とはいえ、談話を発表するのは、やめるべきとの意見をHPで3日、発信した。出すべきでない理由に二つをあげた。

 ひとつは70年談話を出す意味のなさ。野田前総理は「戦後50年という大きな節目における『村山談話』は、それなりの重みと意味があったと思うが、戦後60年の『小泉談話』は無用だったと思う。そして、今後戦後80年談話も90年談話も必要ないと思っている」とし「10年ごとに談話の文章を国際社会が批評する姿を想像して下さい。馬鹿馬鹿しい限り」と意味をなさないとの認識を示した。

 野田前総理は「今年は特に戦後70年とともに、中国は抗日戦勝利70周年、韓国は光復70周年、対日国交正常化50周年となり、各々が国家的なイベントを準備している。虎視眈々と『戦後国際秩序に反旗を翻す日本』というレッテルを貼ろうとしている。相手チームがオフサイドを狙っていることが明々白々なのに、そのトラップ(罠)にわざわざ掛かるのは愚かです」と君子危うきに近寄らず、賢明さを求めた。

 また野田前総理は「内閣全体の意思として閣議決定するのではなく、総理個人の談話として発出しハレーションを減らそうとしていても、行政のトップとはいえ安倍晋三という個人が、国民の総意を代表するかのように日本の歩みを総括し、歴史認識を示す『談話』を出す資格があるのか」とも提起した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
求められる「国益に適う言動」
大阪都構想は「究極の行革の第一歩」松野幹事長
戦後70年談話で問われる歴史認識表現の重み
党首討論の約束果たしてほしい 岡田民主代表
総理70年談話の注目は有識者会議のメンバー

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。