電通、アジア22カ国・地域でピョンチャン・東京などのオリンピック放送権を取得

2015年7月30日 12:50

小

中

大

印刷

 電通は29日、国際オリンピック委員会(IOC)からオリンピック競技大会の放送権を取得したと発表した。2013年に取得したアジア22カ国・地域の2014年・2016年の放送権に加え、新たに2018年・2020年・2022年・2024年大会の放送権を取得した。

 具体的には、第23回オリンピック冬季競技大会(2018/韓国・ピョンチャン)、第32回オリンピック競技大会(2020/日本・東京)、第24回オリンピック冬季競技大会(2022/開催地未定)、第33回オリンピック競技大会(2024/開催地未定)のアジア22カ国・地域における放送権で、テレビ、ラジオ、インターネットを含むすべてのメディアが対象になる。

 アジア22カ国・地域は、アフガニスタン、ブルネイ、カンボジア、台湾、東ティモール、香港、インドネシア、イラン、カザフスタン、キルギス、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、パプアニューギニア、フィリピン、シンガポール、タジキスタン、トルクメニスタン、タイ、ウズベキスタン、ベトナム。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース