サントリーHD、「Louis Royer」を130億円で売却

2015年7月24日 17:27

小

中

大

印刷

 サントリーホールディングスは23日(現地時間22日)、同社グループのスピリッツの製造・販売会社「Louis Royer S.A.S.」(ルイ ロイワエ社)の全株を、フランスの酒造メーカー「Terroirs Distillers」(テロワール ディスティラーズ社)に譲渡すると発表した。売却額は約130億円で、8月末に譲渡を完了させる。

 ルイ ロワイエ社はフランスに本社を置くサントリーのグループ会社で、「ルイロワイエ コニャック」などのスピリッツの製造や販売を手掛けていた。

 テロワール ディスティラーズ社もフランスに本社を置く会社で、スピリッツの製造や販売を手掛けている。(記事:松本 茂樹・記事一覧を見る

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース