日立のメインフレームで使われたSHA-1実装の論理図面が公開される

2015年7月23日 19:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

  「IBMより5倍速かったSHA-1の論理図面」が公開された。

 これは日立製作所のメインフレーム「MP5600EX」の暗号装置として製品化されたものの原案となったものだそうだ。これを使ったSHA-1実装は当時IBMが提供していたものよりも5倍以上高速だったという。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | プログラミング

 関連ストーリー:
MD4/MD5 コリジョンの実証コードが公開 2005年11月18日
フルバージョンのSHA-1にコリジョン発見 2005年02月16日
SHA-0、MD5、 MD4にコリジョン発見、reduced SHA-1も 2004年08月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日立製作所日立IBMSHA-1

広告