豊田通商、中国の特殊鋼鋼板製造会社の株を取得

2015年7月21日 18:33

小

中

大

印刷

 豊田通商は21日、同社の中国法人である豊田通商(中国)有限公司が、中国の特殊鋼鋼板製造会社「常熟宝升精冲材料有限公司」の株5%を取得すると発表した。

 常熟宝升精冲材料有限公司は、中国東部の江蘇省常熟市に本社を置き、従業員数は約120人。資本金が1億5,000万元(約30億円)で、出資比率は豊田通商の5%のほか、上海宝鋼国際経済貿易有限公司が50%、蘇州泰升金属制品有限公司が45%。

 豊田通商では、中国において華東地区が自動車部品産業が集積した地区であることから、自動車用の特殊鋼鋼板の需要が拡大すると見込まれるとして、今後中国での現地調達化ニーズに対応するとしている。(記事:松本 茂樹・記事一覧を見る

広告

広告

写真で見るニュース

  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース