国民の応援バックに不信任連発で阻止できる―生活・小沢代表

2015年7月15日 19:45

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 生活の党の小沢一郎代表は、14日の記者会見で、国民がバックアップしてくれ、野党が覚悟を決めて不信任案を連発すれば、1週間や10日は審議ができず、会期が終わるので、安保法案成立は阻止できるとの考えを示した。

 小沢代表は「与党だけで(今週)採決はしないと私は思っている」とし「与党だけで採決(強行採決)すれば、国民の風当たりが強くなるから、そんなリスクを負ってまで今週中に採決しなければならないのか。まだ、来週くらいまで、やりようであると思うが」との読みをした。自分が政府・与党の立場だったら、やらないとの考えだ。

 また小沢代表は「衆議院で強行採決し、参議院で60日経過して衆議院に法案が戻ってきた時、野党が覚悟し、内閣不信任案を連発すれば成立は阻止できる」とした。

 その前提に「野党の覚悟は国民の応援がなければできない」とも語った。また「国民のみなさんは、この法案が国民のためにも、国の為にもならないということを、行動を持って(法案に反対する党へのバックアップで)示す以外にない」旨も語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
集団的自衛権違憲は歴代の自民党政権の見解
閣僚から異論でても採決 問われる「自・公」
採決なら立憲主義と民主主義否定する行為
労働界猛反対の派遣法案 早く成立をと経団連ら
徴兵制は自民憲法草案でも禁止されている 総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース