1房100万円で落札 高級ブドウ「ルビーロマン」

2015年7月11日 13:40

小

中

大

印刷

100万円で落札された「ルビーロマン」(JALホテルズ発表資料より)

100万円で落札された「ルビーロマン」(JALホテルズ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ディナーコースで味わえる!(JALホテルズ発表資料より)

 ホテル日航金沢は、金沢市中央卸売市場で行われた石川県産の高級ブドウ「ルビーロマン」初競りにて、過去最高値の1房100万円(1粒38,462円)で落札、同ホテルの30F・ヨーロピアンキュイジーヌ「ラ・プラージュ」にて「ルビーロマン」を取り入れたディナーコースを販売することを発表しました。

 さらに、初競りの落札を記念して8月より「ルビーロマン」を取り入れた特別コースとデザートを随時販売していくとのことも併せて発表されました。

●1房100万円のブドウとは?

 今回落札された「ルビーロマン」は、石川県産の高級ブドウ。
 色は、鮮やかな赤色をしており、一粒が大きく果汁の糖度が高いのが特徴とのこと。

 出荷基準には厳しい基準が設けられており、房の重さは一房350g以上、一粒当たりの重さ(20g以上)、糖度(18度以上)、色などの条件が定められているとのこと。

●1粒38,462円のブドウを堪能!

 7月9日(木)~10日(金)の期間中、「ルビーロマン」が使用されたコースが提供されるとのこと。料金は、1人10,000円〜。

 また、8月1日(土)~31日(金)には、落札を記念して「ルビーロマン」入りの特別コースも提供される模様。こちらの料金は1人19,000円〜とのこと。

庶民には手が届かない100万円の高級ブドウ。いつもより豪華なディナーを楽しみながら、そのセレブな味を味わってみるのもいい思い出となりそうです。(記事:谷津沙夏・記事一覧を見る

広告

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース