第一中央汽船 外航海運市況の低迷が想定より長期化、2Q以降の市況回復を見込む

2015年7月2日 07:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:46JST 第一中央汽船---外航海運市況の低迷が想定より長期化、2Q以降の市況回復を見込む
第一中央汽船<9132>は、ケープ型、パナマックス型など、ばら積み貨物輸送を中心とした不定期船会社。筆頭株主は商船三井<9104>。

2015年3月期の連結業績は、前期比7.8%減の1,522.67億円、営業損失131.90億円、経常損失139.66億円、当期純損失33.07億円となった。外航不定期船市況は、新造船の供給圧力、中国の景気減速に伴う石炭輸入量の減少等の要因により、低調に推移。

2016年3月期の業績予想は、前期比14.6%減の1,300.00億円、営業損失40.00億円、経常損失60.00億円、当期純損失60.00億円となっている。外航海運市況の低迷が想定より長期化している。第2四半期以降の市況回復を見込んでいるが、通期で船舶コストをカバーする水準には達しないと予想。また、通期の為替レートを1ドル115 円、燃料油価格を通期1トン380 ドル(ボンド油180cst 京浜補油ベース)と想定。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース