マツダ、新型「ロードスター」が受注好調 1カ月で5042台 販売計画の10倍

2015年6月25日 15:57

小

中

大

印刷

受注好調な新型「マツダ ロードスター」 (写真提供:マツダ)

受注好調な新型「マツダ ロードスター」 (写真提供:マツダ)[写真拡大]

写真の拡大

 マツダは25日、5月21日に発売した新型「ロードスター」の累計受注台数が6月21日時点で販売計画台数(月間500台)の約10倍に当たる5,042台になったと発表した。

 グレード別での受注構成比は、「S Special Package」が52%、「S Leather Package」が39%、「S」が9%。トランスミッションでは74%のユーザーがMTを選択している。ボディカラー別では、「ソウルレッドプレミアムメタリック」が41%で最も多く、次に「セラミックメタリック」が21%、「クリスタルホワイトパールマイカ」が12%と続いている。

 またオプション装備では「CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)」が人気で、「S Special Package」購入者のうち79%が選択しているという。

 新型「ロードスター」は、1989年に発売された初代「ユーノスロードスター」から数えて4世代目。「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用した新世代商品としては第6弾となる。ボディには、アルミや高張力鋼板、超高張力鋼板の使用比率を高めるなどして、先代モデルから100kg以上となる大幅な軽量化(車両重量990kg~1,060kg)を実現している。

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース