トヨタ、SUV「ランドクルーザープラド」を一部改良 クリーンディーゼル車を追加

2015年6月17日 18:24

小

中

大

印刷

ランドクルーザープラド TZ-G (ホワイトパールクリスタルシャイン)(写真提供:トヨタ自動車)

ランドクルーザープラド TZ-G (ホワイトパールクリスタルシャイン)(写真提供:トヨタ自動車)[写真拡大]

写真の拡大

  • ディーゼルエンジン 「1GD-FTV」(写真提供:トヨタ自動車)
  • ランドクルーザープラド TZ-G (ブラック)(写真提供:トヨタ自動車)
  • ランドクルーザープラド TZ-G (レッドマイカメタリック)(写真提供:トヨタ自動車)

 トヨタ自動車は17日、SUV「ランドクルーザープラド」を一部改良し、同日から販売を開始したと発表した。

 今回の改良では、新開発の直列4気筒2.8Lクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」型を搭載したモデルを追加した。新型の「1GD-FTV」は、最高出力130kW(177馬力)/3,400回転、最大トルク450N・m(45.9kgf・m)/1,600~2,400回転。

 次世代の高断熱ディーゼル燃焼や高効率ターボを採用し、JC08モード燃費は11.8km/Lを実現した。また、新開発の尿素SCR(Selective Catalytic Reduction)システムで、窒素酸化物(NOx)排出量を低減させた。

 燃費基準達成と低排出ガス化により「ポスト新長期規制」に適応し、「エコカー減税」の対象となり、一般社団法人次世代自動車振興センターの「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」(CEV補助金)制度の適用が受けられるという。

 このほか、ガソリン車ではオートマチックを6速に多段化し、車体色にレッドマイカメタリックを含む全10色を設定した。

 価格は、334万9,963円(ディーゼル車は396万4,582円)~513万3,927円(北海道・沖縄県は別価格)。販売店は全国のトヨタ店(大阪府は大阪トヨペット)。(記事:松本 茂樹・記事一覧を見る

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース