トヨタ、ランドクルーザープラドを一部改良―ディーゼルエンジンを搭載

2015年6月17日 15:36

小

中

大

印刷

ランドクルーザープラド TZ-G(ホワイトパールクリスタルシャイン:オプション装着車)(トヨタ自動車の発表資料より)

ランドクルーザープラド TZ-G(ホワイトパールクリスタルシャイン:オプション装着車)(トヨタ自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ランドクルーザープラド TZ-G(ブラック:オプション装着車)(トヨタ自動車の発表資料より)
  • ディーゼルエンジン「1GD-FTV」(トヨタ自動車の発表資料より)

 トヨタ自動車は17日、ランドクルーザープラドを一部改良し、全国のトヨタ店を通じて発売したと発表した。

 今回の一部改良では、新開発の2.8Lクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」を国内で初めて搭載した。次世代高断熱ディーゼル燃焼やコンパクトで高効率のターボチャージャーを併用することで、低回転でも高トルクを発揮できる圧倒的な動力性能を備えるとともに、低燃費・低排出ガスを実現し、JC08モード走行燃費11.8km/Lを達成した。

 メーカー希望小売価格は334万9,963円(税込)~513万3,927円(税込)。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース