電通、英国のEコマース専門エージェンシーを買収

2015年6月15日 17:50

小

中

大

印刷

 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は15日、コンテンツやブランド体験と消費体験の統合化を図る「ブランド・コマース」領域のケーパビリティーを強化するため、英国のEコマース専門エージェンシー「eCommera Global Limited」(eコメラ社)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意したと発表した。

 eコメラ社は「ブランド・コマース」領域に強みを持ち、世界有数の小売業や消費財メーカーに対し、Eコマース・ソリューションの開発・提供、メンテナンス、コンサルティングを行っている。

 今回の買収により、電通グループは、グローバルネットワーク・ブランドのひとつで、フルサービスのデジタルマーケティング事業を行うIsobarとeコメラの協業関係を深め、Eコマースのソリューション技術、クリエーティブやユーザー・エクスペリエンスをベースとしたブランド構築能力、消費者に対するデータ分析力を融合させる。そして、顧客ブランドの価値最大化に貢献する方針。また、Isobarのネットワークを活用することで、今後さらにサービスエリアを拡大させていく予定である。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース