エースコックの“やりすぎ”カップ麺、第5弾は『タテロング EDGE 鬼辛とんこつラーメン』

2015年5月28日 15:22

小

中

大

印刷

『タテロング EDGE 鬼辛とんこつラーメン』(エースコック発表資料より)

『タテロング EDGE 鬼辛とんこつラーメン』(エースコック発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 エースコックは、『タテロング EDGE 鬼辛とんこつラーメン』を、6月22日(月)に新発売すると発表しました。価格は205円(税別)。

 同商品は、SNSや動画サイトで大きな話題を喚起した“EDGE”シリーズの第5弾。

 “EDGE”シリーズは、SNSでの情報発信を目的に激辛メニューやメガ盛フード、ありえない組み合わせの食品を購入する「ネタ消費」のニーズに合わせて誕生したシリーズです。

 これまでに、既存品では味わえない「驚き」と「やりすぎ」を表現した『鬼マヨ焼そば』(平成26年1月発売)、『鬼辛焼そば』(平成26年5月発売)、『鬼辛とんこつ醤油ラーメン』(平成26年8月発売)、『鬼背脂とんこつ醤油ラーメン』(平成26年12月発売)が登場しており、いずれもSNSや動画サイトで大きな話題を呼んでいます。

 第5弾となる『タテロング EDGE 鬼辛とんこつラーメン』は、大量の「激辛スパイス」と「激辛調味油」で仕上げる、これからの季節にもピッタリな一品に仕上がっている模様。

 パッケージの「シゲキたりてます?」とデカデカと添えられたキャッチコピーは、開発者の熱い魂さえ感じさせますね。

 そんな『タテロング EDGE 鬼辛とんこつラーメン』。第5弾ということで、これまでの4品をコンプリートしてきた方もそうでない方も、“EDGE”シリーズの新たな「ネタ消費」の挑戦を受けてみては?(記事:谷津沙夏・記事一覧を見る

関連キーワードエースコック

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース